テスト結果を発表します

先週ブログでご紹介した、東京で活躍中のMC Aさんからのお仕事打診

模擬セミナーの機会をいただきました。

こんにちは。話すプロである私が あなたの想いを 届けるべき人にお届けする方法をお手伝いします

想い伝達請負人  広島の司会事務所 研修講師派遣 Infinity代表 笹木純子です

リスケ

今回のテスト講義は、先日記事にしたオンライン研修のお仕事の案件。オーディション的なものです。

実はですね、模擬セミナーは、本来先週水曜日に実施される予定でした。しかしながら、急遽スケジュール変更をすることに。その日の朝、次男が通学途中に自転車で転倒する事故を起こし、救急車で搬送されることになったんです。救急搬送というと、連絡を受けたときはさすがにビックリ!動揺しましたが、事故については完全なる本人の不注意。意識もある、話せる、歩ける、という状態。けれど頭からの流血がひどかったからでしょう、事故現場のご近所の方が救急車を呼んでくださり、そのまま搬送。私も救急車に同乗して、病院に向かいました。

※イメージ画像です

予定していた模擬セミナーは夕方でしたから、間に合う可能性も十分にありました。けれど、最悪の状況を想定して、早めにAさんに「もしかしたら…」ということのご連絡を入れたんです。そしたらAさん、すぐにこんな風に声をかけてくれました。

「日にち変更しましょう。こういうときこそ、お母さんがそばにいてくれることが一番心強いです。なので日にち変更して、万全の状態で行いましょう。お知らせいただきありがとうございます。何よりもお子さんがこのまま何もなく、傷が治り、元気なままでいていただけることを望むばかりです!!」(原文そのまま)

そういって、すぐに担当者さんにも連絡をとってくれ、日程変更の段取りを進めてくれました。担当のHさんも、次男の状況をとても心配してくださり、日を改めましょうと言ってくださいました。

そしてAさん、続けてこんなメッセージも。

「純ちゃんが万全を期して気持ちよくお仕事できるところまで整えることがご紹介してる側の義務であり、それが、信頼してる方を誰かにご紹介することだと思ってるので当然です!なので全く大丈夫ですからね」(原文そのまま)

こう言って、子どもの様子、検査の様子などを尋ねてくれました。私、同じような状況に陥ったときに、ここまで瞬時に寄り添った声掛け、対応ができるだろうか…。過去を振り返りながら、自分自身を見つめなおす機会にもなったのでした。

Aさん、Hさんのご理解の上で再度のチャンスをもらって。その上での模擬セミナー当日。Aさんは、模擬の前夜も次男の様子を気にしてくださっていましたし、模擬セミナーがうまくいくようにと、事細かに指導してくださいました。

フィードバック

※イメージ画像です

そんなこんなで始まった模擬セミナー。オンラインでの研修講師ということもありますので、始まるまではいろんなご不安もあったはず。何より向こうは、東京にいらっしゃるのですから。

模擬セミナーがスタートして、ざっと20分くらいが経過したくらいでしょうか。Aさんからの

「はい、ここまで。終了です。」

の声。え?まだあと、何ページもあるのに、もう終わり!? よっぽど下手くそで、見切り付けられた!? と不安に思っていましたが。担当のHさん

「フィードバックなんですが。何か伝えようと思ったんですけど、探しても言うことが見つからないんです。聞いてて全くストレスが無い。説明もわかりやすい。ネット環境も安定してますし、声もものすごくよく通りますし。オンラインの研修だと、結構途中でダレてくることが多くて集中力が途切れやすいんですけど、テンポもすごくいいです。完璧すぎて、何も言うことが無いです。」

なんというもったいないお言葉でしょうか!

そして、ホッとしました~!とにかく、お繋ぎくださったAさんの顔に泥だけは塗らないようにしよう!ただただ、その一心でのぞんだ模擬セミナー。晴れて合格をいただきました。

ただ、ハッキリと言えることがありまして。私のスキルが云々というよりは、今回のこの結果は、間違いなく繋いでくださったMC Aさんのおかげなんです。模擬セミナーの本番までの間、ものすごく時間をかけて、丁寧に、丁寧に、アドバイスをくれたから。Aさんからのとっても納得感のある細やかなフィードバックを頂いた上での模擬セミナーだったからに他ならない。非常に謙虚なAさんは、

「人のセミナーを見ることってあんまりないから、僕もとっても勉強になりました」

なんておっしゃってくださいましたけれど、いやいや、そんなことない。Aさんの導きなくして、このお言葉はいただけなかったと思っています。

Aさん。繋いでくれてありがとう~!時間かけてたくさんの情報共有、アドバイスをしてくれて本当にありがとう~! ほんとにほんとに 心から感謝の気持ちでいっぱいです!

バズってるオンラインチームビルディング

というわけで。契約完了に伴い、当ブログでのご紹介許可もいただきましたので発表いたします。

この度 Infinity 笹木純子は、株式会社プレイライフ オンラインチームビルディング「バヅクリ」の講師となりましたことをご報告申し上げます。

「バヅクリ」は、サービス開始後8か月で150社に導入されたオンラインチームビルディングサービス。みずほフィナンシャルグループ、三井住友海上保険、野村証券を始めとした名だたる企業が導入を進めています。

サービスは話題を呼び、TBS、日経ビジネス、週間ダイヤモンド、ニッキン、日経産業新聞、日経MJ、読売新聞、ITメディア、Yahoo!ニュースなどなど。多くのメディアで取り上げられ、バヅクリ、バズっているそうです(笑)

内定者フォローやオンライン研修の運営に悩んでいる企業様。バヅクリにはこれまでのオンライン研修とは全く異なる、楽しく学べるオンライン研修がたくさんあります。まずはWEBサイトだけでも、ご覧になってみてはいかがでしょうか?WEBサイトをご覧になるだけでもワクワクしちゃうかもしれませんよ!

バヅクリ | テレワーク時代のチームビルディング (buzzkuri.com)https://buzzkuri.com/

投稿日: