サイリウム入場を絶対成功させるためのワンポイントアドバイス

#モノノフ

ご存知ですか、モノノフ?

もののふは、武士のことを言います。けれど、このカタカナで書いてあるモノノフは、武士のことではないんですよ~

話すプロである私が あなたの想いを 届けるべき人にお届けする方法をお手伝いします

想い伝達請負人  広島の司会事務所 研修講師派遣 Infinity代表 笹木純子です

モノノフとは、ももいろクローバーZ のファンのこと。

先日のご婚礼で、ももクロファンの新婦さんと熱血営業マンの新郎さんというカップルさまのウエディングを担当いたしました。

実はわたし、モノノフさんのウエディングを担当するの、これで3度目なんですよね

で、その3組共に共通する演出があったんです。

モノノフウエディング定番の入場演出

サイリウム入場~

サイリウム入場自体はなんら珍しいことではなく、今ではウエディングパーティーでの入場シーン定番演出です。

ただ、これがモノノフさんのときには、絶対コレ!っていうテーマソングがありまして。

それが、overture!日本語に訳すと「序曲」っていう意味があるんですけれど、10周年記念の東京ドームライブの時にお披露目されたそう。

ももクロファンの間ではかなり有名なシーンで、ちょうど一年前2020年7月2日に発売されたライブベストアルバム「TDF LIVE BEST」には、初めて音源化された楽曲です!

いよいよこれからライブが始まるぞ~!ももクロちゃんたちが出てくるぞー!っていう、そういう期待感を煽るのにはぴったりのこの楽曲。モノノフさんたちのウエディング入場シーンでは、もう定番中の定番といってもいいほど有名なんです!

今回も打合せのとき、

「入場前ムービーはovertureの楽曲であたためて!からの、怪盗少女で入場します!」

うん、いい! 私はウエディングパーティーで音楽には欠かせない存在だと思っていて。だから、こういうこだわりも大好きなわけです♪

招待ゲストには100円ショップでも入手可能のこちらのサイリウムを

サイリウムと焼き菓子

(司会のお礼にと言ってくださった、おふたりの新生活拠点 兵庫県姫路市の有名菓子店 ケーキハウスニシモトの焼き菓子セットと一緒に。お心遣い、ありがとうございます!美味しかったですー!)

そしておふたりは、新婦さんがいつもライブに持参しているというももクロファンライブ専用サイリウムで入場されました

サイリウム入場を成功させるコツ

それは、サイリウムをみんなで同じ動きにしてもらうこと。そうすると、会場内の一体感が生まれると同時に、非常に見応えのある景色が会場内に広がります!せっかくならば、動画に残る映像にもこだわりたいですもんね♪

ゲストの動きが揃っていると、 階段上の扉から入ってきたふたりも大興奮で、テンション爆上がり間違いなしです

モノノフさんのウエディングなら、overtureの間に。

それ以外の楽曲の場合でも、入場前にサイリウムを振る練習を入れたり。あるいは、入場曲が流れ始めてからドアOPENまでの間に、うまくタイミングが合わさるようにアナウンスで盛り上げたり!

どうやってその一体感、盛り上がった空気感を創り上げるか。そこが成功の秘訣です。司会者としては、緊張の瞬間でもありますね。

おふたりにも喜んでいただけたようで、お帰りになったあとにご感想も寄せてくださいました。

花嫁さまからのご感想

今日はありがとうございました(*^-^*)♡ 笹木さんのおかげで会場がすごく盛り上がっていたかと思います!楽しい1日でした!夜遅くまでほんとにありがとうございました!またいつかどこかで会えたら嬉しいです

嬉しいお言葉、ありがとうございます!広島に帰省されるときには、ぜひご一報ください(*^-^*)

プランナーさんとサービスキャプテンからの感想

おひらき後、担当プランナーさんから

「完っ璧な再入場  ドアオープンのタイミングが  0.何秒のズレも無いコメント めっちゃスゴかったです!!」

とのコメントをもらって。

(コンマ何秒はさすがに話盛り過ぎでしょ〜) と思っていたら、隣で聞いていたサービスキャプテンが

「え?いつものことで 当たり前すぎて、純子先生は当然合わせるよね  くらいに思ってましたー」

だって。 ウケる(笑)

でも実際は、開宴前、MC台で overtureのYouTubeを何回も何回も繰り返し観返しながら、めちゃくちゃタイミングのイメージを作ってました笑

当たり前 と思われている プレッシャーはハンパない笑 いかに当たり前を演出するか、ってことですね。

広島の、いや、全国のモノノフファンの新郎さま、新婦さま!また、サイリウム入場で絶対に盛り上げてくれるMCに司会をしてほしい!と思われるおふたり

披露宴司会のご用命、お待ちしております(笑)

投稿日: