業界唯一の国家検定 BIA ブライダルコーディネート技能検定対策講座 受講生募集中

BIA 公益社団法人日本ブライダル文化振興協会が主催する、ブライダル業界唯一の国家検定 ブライダルコーディネート技能検定。1級と2級の学科試験が、2021年12月1日(水)に実施されます。

こんにちは。話すプロである私が あなたの想いを 届けるべき人にお届けする方法をお手伝いします

想い伝達請負人  広島の司会事務所 研修講師派遣 Infinity代表 笹木純子です

昨年、1級ブライダルコーディネート技能士となりました。合格証書には、当時の厚生労働大臣で現 菅内閣では官房長官 加藤勝信氏の記名があります。

ブライダル業界には、様々な検定試験があります。

ABC協会(全米ブライダルコンサルタント協会)主催 ブライダルプランナー検定

IWPA 国際ウエディングプランナー協会が主催するものに、内閣府認可 職業技能振興会認定ウエディングプランナー1級・2級、ウエディングプランナー日本資格 

また、業界ではあまり知名度が高くないものの、ウエディングの勉強を始めたばかりの方には挑戦しやすい資格として、JADP 日本能力開発推進協会 ウエディングプランナー資格などがあります。

そんな中、国として「ブライダルのプロ」というお墨付きをもらえる唯一の資格。それが、BIA 日本ブライダル文化振興協会が主催する国家検定に合格すると与えられる、ブライダルコーディネート技能士です。

実はウエディングプランナーという仕事は、資格がなくてもできる仕事です。また、資格が無くても、ウエディングのことを知らなくても、「ウエディングプランナー」と名乗ることはできてしまいます。でも、これってとっても不思議だなって思います。例えば不動産売買の事業を行うには、宅地建物取引士という資格を保有している人がいなければなりません。一般の方は不動産に関する知識がない場合が多く、そうした方々が高額な取引をする上で不利益を被ることがないようにするため、専門家が法律に基づいてきちんとした手順を踏んで売買をサポートします。

でも、ウエディングの場合は高額&一般の方にはあまり知られていない分野であるにもかかわらず、販売する人にはこれといった資格がない。入社した企業。あるいは、たまたま縁があって始めた職種(たとえばフローリストとか、司会者とか、フォトグラファーとか、美容師とか)の延長線上に、ウエディングの仕事があった。だからウエディングの仕事をやっています、と言う方も多いでしょう。

よく考えてみると、結婚式に関する知識ってものすごく多岐にわたります。

・テーブルセッティングやサービスに関すること(カトラリーの正しい置き方とか、サービスルールとか、知ってます?)

・結婚式にまつわる儀礼や作法、地域ごとの慣習(引出物の熨斗紙に書いてある水引って、何本か知ってます?また、その本数の由来って、知ってます?)

・衣装のマナー(モーニングとタキシードって、いつ着るものなの?とか、知ってます?)

・結納に関すること(関東式と関西式の違いって、知ってます?大きさ、呼び名、並べ方などの違いって、知ってます?)

などなど。ここに挙げたことはごくごく一部。結婚式のことは、知れば知るほど奥が深いな~ってことを思い知らされます。

別にカトラリーの置き方なんて知らなくたって、結婚式はできるよね?プロデュース、できるよね?だから別に知らなくてもいいと思う。

確かにそうですね。こんなことは知らなくたってプロデュースはできますし、チームのそれぞれのクリエイターが各分野に精通していれば問題なく当日の施行はできるでしょう。

ただ、昨今の変化にとんだウエディングを見ていると、マナー違反も多くあり、本来の意味合いを考えると親御さまに対して気の毒な気持ちになることって、やっぱりあるんです。

ひとつ例を挙げるとするならば。和装花嫁さんの帯の結び方。

「おいらん風にしたい!かっこよくてオシャレだから。」

いいですよ、それでも。でも、前で帯を結ぶということは、「私は一切の家事はいたしません」という意味。別に女性だけが家事をする必要もないですが、男性だけが家事をする、というのもちょっと違う気がします。この先夫婦で、このふたりで協力して生きていく。結婚式って、それを伝える場所だと思うけど、前結びの帯でお披露目をすることがOKとされるのは、ちょっと残念に思うのです。そして新郎家のおばあちゃんやお母様が、帯の前結びにそうした意味があることをご存知だったとしたら、どうでしょうか。新郎家ご家族と新婦のその後の関係性が良好であるとは、私には思えません。

資格をとることが大事なのではなく、歴史を知ったり、知識を得たり。また必要な技術を習得する。その結果、お客様への提案の幅を拡げることにつながると思うから。だから私は、深く学ぶことをお勧めしているのです。

自分の提案で、誰かに恥をかかせてしまうことは避けたいです。知識が豊富にあれば、本当に大事なことを見失わない。削っていいところがわかり、その分何を補填するばよいかがわかる。

それが学ぶことのメリットだと、私は考えます。

先日、このブライダル業界でとっても信頼をし、尊敬をしている株式会社ブライト 夏目哲宏代表が、Facebookでこんな風に書いてくださいました。

誰とともに歩むか、それが大事。

困難な目標に向かって進むために必要な要件を2つあげろと言われたら、なんと答えますか?

ひとつは、本人の『確固たる意思』であることに異論は少ないでしょう。では、もうひとつは?

私を含め多くの人は弱い存在で、目標が大きければ大きいほど、ひとりでの戦いには途中で挫けてしまいがちです。だからこそ、目標達成のためには常に寄り添い、鼓舞し、励まし、導いてくれる『伴走者』が必要だと私は思います。さて、前置きが長くなりましたが、ブライダル業界唯一の国家検定である『ブライダルコーディネート技能検定』という高い目標を目指す方々にオススメ講座のご紹介です。https://peraichi.com/landing_pages/view/d2bqi

主宰する笹木純子さんは、17年にわたって主に広島を中心にブライダルMCとして活躍されておられる方で夏目自身も大変信頼を寄せています。その経験を活かしつつ、よき『伴走者』として受験生をフォローしてきた笹木さんは、圧倒的な合格実績を叩き出してきています。「今年こそ、合格したい!」「挑戦するなら最初の年で合格したい!」そう願う人たちにこそ、是非知ってもらいたい講座、そして講師です。もう一度、まとめます。困難な目標を達成するには、自分自身の確固たる意思とともに、頼れる『伴走者』の存在が求められます。本検定の合格を目指す業界の方々に私夏目が心からお勧めしたい『伴走者』こそが、 笹木純子 この人であります。まずは、クリック。そこから、あなたの合格への道がひらけますhttps://peraichi.com/landing_pages/view/d2bqi

非常に勿体ないご紹介をいただきましたが、昨年も夏目さんからご紹介いただきましたおかげ様で、多くの受講生さんにご受講いただくことができました。

今年の講座開講までは残り2週間

皆さんの合格に向けて、今年も準備を本気で行っています

お申込みはお早目に

https://peraichi.com/landing_pages/view/d2bqi

投稿日:

新しい記事へ ブログ一覧 古い記事へ