【お客様の声】司会の仕事への想いに、多くを学ばせてもらいました

Infinity代表 笹木純子です。

結婚式の司会者として大切なことは、新郎新婦さまと会場に居合わせるたくさんの方々の「想い」を汲み取って進行をさせていただくことだと思います。会場が一体となってお二人の幸せをお祝いするとき、私自身も感動で胸がいっぱいになります。

結婚披露宴の司会を担当したK様からのお手紙

笹木さんへ

今日はありがとうございます。

K姉ちゃんにご紹介いただいてから今日までは本当に短くてあっという間の日々でしたが、笹木さんのおかげで今日という日を迎えることができて本当に感謝しております。
公私にわたり大変お忙しい中で、自分の時間を私たちのために使ってくださったこと、どんなときも口角をあげて笑顔でお話してくださったこと、とても印象深いです。

結婚式の準備の中で、様々なことを学ばさせてもらいました。特に、笹木さんのお仕事に対する想いは非常に私自身考えさせられました。どんなに過酷であってもその仕事を愛して心から好きならば、どんだけ時間を割いてでも向きあってていけるのだなと笹木さんを見て学ばさせてもらいました。

今の私はどうなんだろう…ってすごく考えました。もっともっと笹木さんや新崎さんのように時間を忘れるくらい没頭して誰かの喜びのために頑張れる人に私もなりたいです。

●●のお仕事は安定もしているし、いいかもしれません。でも、私は口角が上がっていない、自分の時間をどこまでも割きたいと思えていません。(正直にいうと)
だから自分の中でも“笹木さん”という方と一緒に準備をする中で、自分をふり返り、見つめ直す機会になりました。ありがとうございます。

少し話がそれてしまいましたが、Skypeで夜おそくまでお打ち合わせをしたこと、臨機応変に対応してくださったこと、私の主人のことをたくさんほめてくださったこと、即座に返答やご連絡をくださったこと、友人や恩師を大切なゲストとしてみる視点を与えてくださったこと、車の運転中にもイヤフォンでお話してくださったこと、心から感謝しています。

これからも夫婦で力を合わせて、“おしどり夫婦”を保ってがんばっていこうと思います。私たちと出逢ってくださって本当にありがとうございました。

これからも笹木さん、口角とすばらしい歯並びで頑張ってください。すてきな女性の日本代表としてのご活躍を願っております。

(挙式日:2017325日)

新郎新婦さまの「想い」が詰まった披露宴

結婚披露宴は「お世話になっている方々を、大切なゲストとしておもてなしする場」だと思います。お二人がどんな式を挙げ、ゲストの方々にどんな風に楽しんでもらいたいと考えていらっしゃるのか。打ち合わせを重ねる中で新郎新婦さまの素敵なお人柄に触れ、楽しいエピソードを伺い、幸せな気持ちになりました。

改めてご結婚おめでとうございます。司会を任せていただけたことに感謝でいっぱいです。これからもK様に褒めていただいた「口角」を上げてマイクに向かいたいと思います。

投稿日: