【セミナー】面接官も思わず笑ってしまう!楽しく面接を攻略するための極意

Infinity代表 笹木純子です。

エディオン蔦屋家電様主催「面接官も思わず笑ってしまう!楽しく面接を攻略するための極意」という面接対策セミナーを開催しました。
受験前の大切な時期にもかかわらず、受験生や受験生を持つ保護者、就職活動を控えた大学生など、たくさんの方にご参加いただきました。

現役司会者がわが子に教えた「面接トーク術」

セミナーの案内と成績表

私は、次男の中学入試、長男の高校入試と2年連続で受験生の母を経験しました。2人の子どもたちにとって、人生初の受験です。
メンタル面や健康面、塾への送迎など、親として出来る限りのサポートをしましたが、長男の受験では私だからできたサポートがありました。私の得意中の得意分野“面接指導”です。

私は司会者として「人に想いを伝える」ことを生業としています。また、花嫁レッスン講師、企業の接遇研修講師として、「周りに良い印象を与える所作」を指導しています。
更に企業の人事担当者時代は数え切れない学生たちと接してきましたし、何より複数の面接官たちがそれぞれどのような視点で選考していたのか、現場で見聞きする立場にいました。
そうした経験は全て、面接指導に役立ちます。

実は、長男が初めて受けた模擬試験の結果は、3教科の偏差値46。平均以下でした。
彼の志望校の偏差値は64。倍率もかなり高い人気校で、学校の先生からも志望校を変えることを勧められました。
しかし、彼には将来の夢を叶えるために、どうしても志望校に進学したいという強い希望と意志がありました。目標が定まってからの長男は、塾の力強いサポートもあり、息子ながら本当によく頑張ったと感じます。

面接攻略に大切なこと「言葉に力強さがあるか」

長男のチャレンジは推薦入試。面接で合否が決まります。
自宅で面接練習をしてみると、学校や塾での指導のおかげで、入室から着席までの動きは問題ありませんでした。

 ただ、面接全体の印象が「無難」なのです。悪くはないけど、無難。

 態度や話す内容で落とされることはないけれど、面接官にインパクトを残すほどではない。
そのため「言葉に力強さがあるか」を重視して長男の面接原稿を添削し、話し方のポイントを伝え、改善しました。

長男を合格に導いた「面接指導」の内容をお伝えしたい

入試の面接を終えた長男は「面接官に3回も声出して笑われた。」と言いました。
笑われた箇所は、ここで面接が盛り上がると仕込んだ表現箇所とばっちり合致!
「よし。狙い通り!もしかしたら突破できるかも!」
長男の前では言葉にこそしませんでしたが、内心はそんな風に思っていました。

合格発表の日、長男の受験番号をパソコン画面に見つけた時の嬉しさは忘れられません。

長男が面接の原稿に書いていたこと。私はこの原稿を添削しただけ。言い方を変えただけにすぎません。しかしこの言い方をどう変えるのか?これがとても重要なのです。
この講座は、長男に行った面接指導の内容を、受験生の皆さんにシェアできれば。そんな気持ちで開催させていただきました。

 

エディオン蔦屋家電様サイトでの告知ページ(※セミナーは終了しております)
面接官も思わず笑ってしまう!楽しく面接を攻略するための極意

セミナーに参加してくださった方のご感想や、セミナー当日・終了後のエピソードはこちら。
【セミナー参加者の感想①】面接官も思わず笑ってしまう!楽しく面接を攻略するための極意
【セミナー参加者の感想②】面接官も思わず笑ってしまう!楽しく面接を攻略するための極意

投稿日: