結婚式をサポートする立場から新型コロナウイルスについて考えたらこんなのできた

広島の司会事務所 研修講師 Infinity 笹木純子です。

新型コロナウイルス感染拡大防止に関する取り組み

Infinityとしても、できることを中途半端にではなく、しっかりやっていかないと、と思っております。

 

そんな状況の中、自宅にいる時間が増えた分、いろいろと思考する時間も増えています。

前回の記事では、防災士という立場から新型コロナウイルスについて考えてみましたが、今回は一番長く携わっている得意分野

結婚式における新型コロナウイルス感染拡大防止ということについて考えてみます。

 

私はいろんなウェディング関連企業とお取引がありますから、その立場としてこういうことを言うとお叱りを受けるのかもしれませんが。

延期判断をなさる新郎新婦様のお気持ちに、とっても賛同しています。

もちろん予定通り開催することにしたカップルさんの結婚式には、全力でお祝いの気持ちと共に現場に向かっております。

そして、ご不安を抱えながら披露宴を執り行ってみれば、それはそれはもう、お越しの皆さま方は、素敵な笑顔と共に

心からのおめでとうを新郎新婦に向かって送られる。

「いろいろ悩んだけど、やっぱりやってよかった!」

とおっしゃる新郎新婦様、ご家族をみると、ほっとした気持ちになります。

 

でも実際は、3月22日のご婚礼を最後に、それ以降のご婚礼はほぼ白紙。

反対に延期変更後のスケジュールとして、来年の秋あたりまで、婚礼受注スケジュールが入っています。

経済的には、当面の自身のふところ 大打撃です(*_*;

仕事のあれもこれもが なくなって

ナイ ナイ ナイ

でも キャンセル連絡も止まらない

けれども ジタバタするなよ

なんてことを思っていたら この曲が頭から離れない今日このごろです  シブがき隊 ナイナイ16

(新郎新婦様世代は絶対ご存知ないでしょうね、この曲(^-^; )

 

けれども、今は仕方がない。どっしり構えていよう。新郎新婦様が一番お辛いのだから、と思っています。

 

ただ、中にはいろんなご事情があって、

たとえば、お身内のお体の具合であったり、新郎新婦様のお仕事の事情などであったり、

どうしても延期することができないカップルさんもいらっしゃると思うのです。

 

そんな方々のために、ということで、ウェディングのプロフェッショナルと感染症予防に詳しいドクターとが知恵を寄せ集め

【新型コロナ結婚式ガイドライン】

なるものを作成されました。

 

 

コレ、本当に勉強になります。

どうしても今の状況下で結婚式を挙げなければならない新郎新婦様にとって、参考にしていただきたい情報が満載です

全部で4ページあります

InfinityのInstagramに掲載しています。ページの最下段からInstagramにアクセスできますのでぜひご覧になってみてください。

投稿日: