新しいわたし、できました

広島の司会事務所 研修講師 Infinity 笹木純子です。

長年使い続けた名刺を変えた理由

長い間使い続けてきた名刺。タキシードを着た新郎とウェディングドレスを着た花嫁。外国人モデルのふたりの雰囲気が好きで、Infinityを立ち上げたあともデザインはほとんど変えることなく、書いてある内容をちょっとだけ編集した名刺を使っていました。 けれどこの名刺には難点がありまして。お伝えしたい情報をたくさん書いてしまったことで、詰込みすぎ。文字が小さかったんです。 新郎新婦さまにお渡ししたときは 「あ、私のこと知ってもらえたらなーと思って、アレコレ自己紹介を書いてます。あとで暇つぶし程度に読んでみてください」 なんて話をしていたんですね けれどInfinityを立ちあげたのをきっかけに、地元商工会と中小企業家同友会に所属することに。こういう団体ですから、当然ながら長年会社を引っ張ってこられた経営者さんたちとたくさん名刺交換する機会に恵まれるわけなんですが、年齢的な人生の大先輩も多数いらっしゃるわけです。 すると、名刺交換したあとに必ずと言っていいほどこの動きがついてくる。 名刺をお持ちになった手を、、、遠くに離される(笑) いや、笑えない、、、 私も40代半ばになって、ちょっと見えづらくなってきたのよね(^-^; そのお気持ち、わかりますー!!! で、お相手のその動きを見るにつけ 「小さい字で申し訳ありません。この名刺、自己満足の名刺でございまして。読まなくて構いません。このモデルの画像で、ウェディングの司会をやっている人、と覚えていただければいいので。」 なんて、冷や汗をかきながら言い訳上々の名刺交換をしていたのです(苦笑) これはいけない、今ある名刺がなくなるタイミングで見直そう。 そう思っていたところ、うまい具合に年度替わりのタイミングで名刺がすっからかん。ちょうど時間がたくさんできたものですから、Infinityができることってなんだろう? そんなことを整理しながら、新しい名刺を作成、注文。本日届きました。  

名刺の中身、お見せします

新しい名刺に記載している事業内容はこんな感じです。 もちろん中には、他のMCさんや講師さんにお願いする内容もあるのですけれども。基本は私ができること=Infinityができること、です。   こうしてみると、いろんなことができるようになったもんだなー、と思います。 けれどやっぱり軸に置いているのはウェディング。これはこの先も変わらないだろうなーと思います。だって一番好きだし、思い入れがある仕事なんですもの。 ウェディングの一番魅力的なところは、新郎新婦の想いが。親御様の想いが。ゲストの想いが。つぶさに感じられるところ。 ウェディングって、思いっきり泣いても笑っても許される場所!感情をそのまんま出しても許される場所なんです! だから好きなんだろうな、やめられないんだろうな、って思うのです。 自分で言うのもなんですが、私はおそらく、人よりも目の前の人に共感できてしまうタイプです。つい、その人の背景を妄想してしまう。で、生き写しになる(笑) だから一緒に笑ったり、一緒に泣いたりしてしまう。決していいことではないですけどね、MCが泣くのは…(⌒-⌒; )  

新しい肩書き、できました

これまでこのブログでは、「広島の司会事務所 (研修講師) Infinity 代表の 笹木純子です」とご紹介をしてきましたが、この名刺を創るタイミングで、自分を表現するオリジナルの肩書きを創ろう!と思うに至りまして。 そこで、できたのが       【想い伝達請負人】という肩書きです。 ウェディングでは、新郎新婦はもちろん、その結婚式に関わるたくさんの人たちの想いを伝えられる人でありたいと思っています。だから、新郎新婦様との打ち合わせの席でたくさん想いをヒアリングします。 披露宴会場でみたことや耳にしたあんなこと、こんなこと。メインテーブルだけでなく、ゲスト席で起こった素敵な出来事アレコレを、なるべく言葉にして伝えようって思います。だからシナリオを持たず、ライブ感を大切にしています。 研修講師のときには、企業様にとって一番の課題はなんなのか。ここに耳を傾けます。 経営者さんや人事担当者さんなど、研修をオーダーしてくださった方は受講される方々に何を理解してほしいと思っているのか。本音レベルまで落とし込んで深くヒアリングしています。 その本音を含めた気持ちを、研修講師として登壇する私のフィルターを通し、言葉を変えてお伝えする。やっぱり想いを伝達する役割なのです。 セミナー代行やライターの時もそう。この方の想いを、見る人、聞く人にそのままの温度で伝えたい!そう思いながら、告知文や記事に書き起こしています。 ただ書く、ただ言うのではない 【クライアントの想いが伝わること】 ここを大切にしたい。だからこの肩書きを付けました。   改めて自己紹介します。 想い伝達請負人 笹木純子です。 どうぞよろしくお願いします!  

投稿日: