和ごころ結婚式「いとむすび」

「いとむすびって何ですか?」という質問をよくいただきます。 和ごころ結婚式「いとむすび」は、従来の人前結婚式とは大きく違います。 何十年も手塩にかけて育てた我が子が、この先の人生も幸せに歩んでいってほしいと願うのが親心です。「育てる」から「見守る」へ。ご両親にとって「結婚式」とは特別な意味を持つ儀式です。和ごころ結婚式「いとむすび」は、そんな親御様の想いを何より大切にしています。

「いとむすび」との出会い

司会者として「新郎新婦様、ご両親の想いが伝わる結婚式」に携わりたいと考えていた私は、この「いとむすび」と出会い衝撃を受けました。人前式に足りないと感じていたものを全て補う結婚式だったからです。 迷うことなく「いとむすび司婚者養成講座」を受講。一期生として、司婚者認定されました。 「いとむすび」は人前式ですが、その土台にあるのは神前式です。いとむすびの司婚者は、結婚式の本質、和の本質を深く学びます。 神前式の所作を、作法の意味にまで深く落とし込みながらご指導できるのは、私たちの強みです。

感謝・おやこの絆・夫婦の絆・添い遂げる覚悟を形に

和ごころ結婚式「いとむすび」は司婚者が司る厳粛な結婚式です。 挙式当日までに新郎新婦様、ご両親との深いカウンセリング、挙式リハーサルを行います。 司婚者から「ご両親の想いを一番大切にする結婚式」だということをお話しさせていただき、心を込めて一つ一つの所作を行っていただけるように、本気でお二人とご両家に向き合います。 リハーサルを終えられたお二人からは、「両親にとっても自分たちにとっても、こんな結婚式をあげることができるのが本当に嬉しい。」というお声をいただきます。 儀式の意味、意義を理解して臨む挙式はお二人と親御様にとって、かけがえのない時間となります。

和ごころ結婚式「いとむすび」に参列された方のお声

主賓の方

「我が娘にもぜひこの挙式をさせてやりたいと思います。」

同世代のご友人

「これまでに参列したどの結婚式よりも、気持ちが伝わりました。」

多くの挙式、披露宴を撮影・編集してこられたカメラマン

「編集しながら、涙がボロボロ出てきて大変でした。 生涯忘れることはない挙式です。」 「いとむすび」は全ての儀式に意味があり、感謝の気持ちが込められています。結婚を決意したお二人とご両親の想いが伝わるからでしょう。参列された方からたくさんの感動のお言葉をいただきます。

大切な方たちとのご縁と絆に感謝する結婚式

「厳粛な人前結婚式を行いたい。」 「意味ある結婚式を挙げたい。」 「ご両親に心からの感謝を伝えたい。」 「ご両親の想いを大切にしたい。」 想いを形にする和ごころ結婚式「いとむすび」は、和の人前式をお考えの方にぜひご検討いただきたいお式です。

和ごころ結婚式「いとむすび」 公式ホームページ

http://itomusubi.jp/  

投稿日: