極上フレンチと極上の舌を持つ彼女

仕事でとっても助けられた後輩MCさんがいました。

 

島根県在住のMCさんより、お仕事の打診をいただきました。

その現場を一緒につとめあげてくれたのがYさんです。他の仕事の兼ね合いもあって、途中からは彼女にすべてを託して私は広島へ。

島根に残った彼女のおかげで、結果ご依頼主の方より大・大・大感謝されました!

彼女の仕事ぶりには本当に頭が下がる思いで。後輩なんて名ばかりで、そばで見ながら、学ぶところがたくさんありました。

 

緊急事態宣言が明けたらお礼をする約束をしており、営業が再開されたばかりのフレンチレストラン OZAWAに行ってきました。

OWAZAは、東京都港区白金台にあるフレンチレストラン「OZAWA」の小沢貴彦シェフがエグゼクティブシェフを務めるフレンチのお店。

小沢貴彦シェフの「東京フレンチ」を広島でも気軽に味わってもらえるというのがコンセプト。

小沢シェフの元で修業を積んだ久重浩シェフによる極上フレンチは、ミシュランガイド2018 ミシュラン1つ星にも輝いています。

そのフレンチOZAWA、オリエンタルホテル広島の1Fにあります。私が花嫁レッスン講師のお仕事で定期的にお伺いしているホテルです。

その時の様子を、一緒に出向いた後輩MCさんがFacebookにアップしてくれていました。

同店のスペシャリテ「オマール海老の茶碗蒸し」を、実に素晴らしい食リポにまとめてくれています。

料理の腕前がプロ並みの彼女。味覚も選ぶ言葉も、そしてお酒を嗜むのも。とにかく素晴らしい舌を持っています(笑)

 

私は彼女のようないい舌は持ち合わせておらず、何を食べても美味しいというバカ舌ですが(笑)、酒飲みであることは彼女と全く同じです(笑)

彼女のリポートとともに、酒好きふたりのおんながフレンチを食したその時の様子をお届けします。

=========================================================

先輩と言うには神々しい。
お師匠様…。とも違うけれど、そのカリスマ性にぐいっと引き寄せられる。

全身から放たれる強烈な『圧』がどことなく心地よく感じられる私は
変態なのかとも思う…。

そんな方からお誘いを受ければ『よろこんで!!』是非ぜひー!の思いをひた隠しにし謹んでお受けいたします的な…笑。気持ちになるのでした。

そして。外出自粛も解かれた先日。
広島はオリエンタルホテルのOZAWAにて極上のフレンチをご馳走になりました。

この日の4Glassesはすべてソムリエおまかせ

同ホテルが運営するショップオリエンタルで出会ったWAZABIのBAGをお供に

 

それぞれ、前菜からデザートまで三品の中からチョイスする事ができましたが
なんと!2人とも全部同じメニューをチョイスするというミラクル

 

 

 

 

 

フォアグラのソテー トリュフソース 焼きりんご添え

 

 

結論、2人とも酒飲みなんよねと。

どのお料理も絶品ですが、オマール海老の茶碗蒸しが特に絶品
お姉さまも強烈な圧でこれが一押しと力説してくださいました。

 

OZAWAのスペシャリテ オマール海老の茶碗蒸し

 

海老のエキスがしっかりと溶け込み口に入れた瞬間鼻に抜けるオマール海老の香り。
そして表面には卵液が沸騰した時にできる気泡も見当たらず、じっくり丁寧に蒸されているのが
目でわかる。丁寧に蒸されているから、洋風卵液とオマール海老の香りながらも
柔らかいプリンを食べているような滑らかな口溶け。
ふわぁと身体全体でとろける事ができました。

 

国産牛フィレ肉のグリル 赤ワインソース 季節野菜添え

 

 

披露宴やイベントのキャンセルが相次ぐ中どんな風にコロナ自粛期間を過ごしていたか。
お互いに報告しあい、色々なことが見えました。

そんな中で、この度ご一緒した方は
広島のブライダルMCと言えばこのお方。なのですが。

『私、こう見えて、全然自分に自信がなくて〜』

なんて謙虚に仰るので、

『ごめんなさい、 全く自信がないように見えません!』と

余計なお世話かもしれませんが、広島のブライダルMCの皆様の思いを想像して
そんなことあるまいと全否定しておきました。

コロナで大変な最中においてもお忙しくされていて、この日も帰ったらミーティングがと。

限られた時間で色々お話をして、有意義な時間を過ごし、とても楽しい時間を過ごす事ができました。

素敵な時間をありがとうございました😊

=========================================================

 

こちらこそありがとう!いつも助けてくれてありがとうね!

投稿日: